【アルノー・ラエール】絶品ケーキを美しい公園で!【フランス】 
このエントリーをはてなブックマークに追加
【フランス_スイーツ】アルノー・ラエール (1)

今回ご紹介するのは【Arnaud Larher(アルノー・ラエール)】さんです。
※2015年6月 本店にて

本日からしばらく『フランス・イタリア』記事が続きます。
なるべくまとめて記載する予定です。

という訳でトップバッターを飾るのは数あるフランスパティスリーでも、上位で行きたかった【アルノー・ラエール】さん!
手前に”ケーキ”、奥が”ショコラ”のショーケースでした。
お店はモノトーンでやや高級そうな印象。
どのケーキも気になりつつ、店員さんにスペシャリテなどを伺って3つに絞りました。
(この店員さんもやや年齢高めの男性で紳士でありつつ、まるで執事のようでした。素敵です。)


【フランス_スイーツ】アルノー・ラエール (3)

ちなみに夏限定で”ビーチサンダル”を模したケーキがありましたが、惹かれなかったのでこちらはスルー。
他にも気になるケーキが多かったです。
「サントノーレ」も美味しそうでした^^
写真で見るとアントルメでフレジエがありますが、カットではなかった気がします(あれば買ったと思うので)


【フランス】リュクサンブール公園

お店から歩いて行けるリュクサンブール公園でいただきました。
とても広くきれいな公園で「パリでもっとも美しい公園のひとつ」とも言われています。ベンチも多くて飲食店もあります。
思い思いに沢山の人がのんびり過ごしていました。

ケーキの持ち歩きに関して、ほぼすべての店で日本のような保冷剤はないようなので持ち歩きにはご注意を。
※言えばもらえるのかもしれませんが
そしてフランスでウェットティッシュは必須です。
外で食べるのであればフォークやナイフも持って行くと良いですよ^^


【フランス_スイーツ】アルノー・ラエール (8)

「ショコラのケーキ」
見た目では選ばない感じでしたが、スペシャリテ的なことを言われたら買うしかありません。
溶けやすいようで店員さんは持ち歩き時間も気にされてました。

こちらは果物やクレームパティシエールなども入らず、ショコラ一本勝負!
一口目はもちろん甘いのですが、喉に張り付くような砂糖のくどい甘さはありません。
”ショコラムース””ショコラ生地”ととてもシンプルな構成です。
日本だったらラズベリーソースの一つでも入れたいところですね。

後味にふわ~とほろ苦く心地よいショコラが薫りました。
ズッシリ系だけど嫌な重さは残らないのがすごいです。


記事が長くなってしまったので、今回はスペシャリテ(?)までのご紹介で。
他にもケーキ2点とマカロンを頂きました♪

【フランス_スイーツ】アルノー・ラエール_20150625 (1)


ごちそうさまです。
おいしくて幸せな時間をありがとうございました^^

最後まで読んで頂きありがとうございます。おかげ様でランキング上昇中↑です。
引き続き応援の1クリックをして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 スイーツブログへ  人気ブログランキングへ

====================================
【Arnaud Larher (アルノー・ラエール)】  ※本店
住所:53, rue Caulaincourt 75018 Paris
アクセス:Lamark Caulaincourt(メトロ7)より徒歩3分
TEL:01 42 57 68 08
営業時間:10:00~19:30
定休日:日・月曜日

▼ダムレモン店
住所:57 Rue Damremont, 75018 Paris, France
営業時間 火曜日15:30~19:30  水~土9:30~13:00  15:30~19:30  日曜日10:00~13:00
定休日:月曜日
====================================
>>【アルノー・ラエール】さんの過去の記事はこちらから
関連記事
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://momotalt.blog133.fc2.com/tb.php/977-95a28106