【オーボン ヴュータン】焼き菓子 
このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、ずっと行きたいと憧れをいただいていた【オーボン ヴュータン】さんを訪問しました。

オーナーシェフの河田勝彦シェフは1966年に渡仏し約10年の修行を積んだ後、尾山台にお店を構えました。
当時はフランス菓子はおろかフランス料理さえも珍しい時代だったそうです。
河田シェフの下で修行をされ現在お店を構えていらっしゃるシェフも数多くいらっしゃいます。
まさに日本洋菓子会を支え、多大な功績を残されている人物と言っても過言ではありません。

出版されている本も大変興味深く「フランス伝統菓子」に対する想いがひしひしと伝わってきます。


店内はウッドベース&クラシカルな雰囲気でどっしりとした落ち着きがあります。
アントルメはもちろんのこと、焼き菓子にヴィエノワズリー・コンフィズリー・アイスクリーム…etc
お菓子好きにはまるで夢の国のような場所でした♪




今回は【AU BON VIEUX TEMPS (オーボン ヴュータン )】さんの焼き菓子を紹介します。
※2011年8月 本店にて購入

他にもヴィエノワズリーやタルト、アントルメなど本当に選びきれないほど気になるものがあったのですが、この日は他のお店も回っていたのでかなり抑えました。

それぞれの名称は不明です。すみません…

●左上:袋から出すと焦がしバターの良い香りが♪ 周りはさくっとしてキャラメルのような香ばしさ。
●右上:ダコワーズ生地の中にあっさり目のプラリネクリーム。アーモンドスライスがアクセント。
●左下:袋から出した状態で売られていたクッキー。想像より柔らかいサクっとした食感。しみじみと美味しい。
●右下:柔らかな薄いパイ生地の上にアーモンドクリームと洋なしのコンポート。表面はさくっとした甘い砂糖生地。

洋なしのタルトが美味しくて美味しくて…v ※大きさは3cmくらいです
こういった半生菓子(?)に弱いのです。
他のタルトも全部食べてみたい…あとヴィエノワズリーも。

憧れのお店に行けてとても嬉しかったです!
何度でも通ってしまうと思います。


ごちそうさまです。
ありがとうございました^^


====================================
【AU BON VIEUX TEMPS (オーボン ヴュータン )】
東京都世田谷区等々力2-1-14
営業時間…9:00~18:30
定休日…水曜日

※公式サイトなし(上記は本店の情報となります) / 日本橋高島屋店 有り
※新宿高島屋「パティシェリア」への出品あり(土のみ入荷)

====================================
>>【オーボン ヴュータン】さんの過去の記事はこちらから

最後まで読んで頂きありがとうございました。
ランキングと共にやる気もアップしています!応援の1クリックをして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 スイーツブログへ  人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://momotalt.blog133.fc2.com/tb.php/302-03339f71