FC2ブログ
【2011年おすすめスイーツ賞味会 】2:ミルフィーユ 
このエントリーをはてなブックマークに追加
スイーツ番長&平岩理緒、2011年おすすめスイーツ賞味会
~烏龍茶とのマリアージュを探る~
 (協賛:サントリー
過去の関連記事はコチラ >>【

『5つのスイーツカテゴリー』と『烏龍茶』とのマリアージュは如何に??
■烏龍茶との相性
■油脂分がさっぱりするか

イベントでは上記2項目に重点を置いて試食をし、採点&コメントをさせて頂きました

続いてのカテゴリーは「ミルフィーユ」。



<ミルフィーユ>
3枚のフイユタージュ(パート・フイユテとも言う、日本では通称パイ生地)にクリームをはさみ、
表面に粉糖がまぶされたもの、あるいはフォンダンがけされているものが基本とされている。
(引用元 Wikipedia

【2011スイーツ賞味会】ミルフィーユ

■ラ・プレシューズ(ミルフィーユ)■(写真:左下/平岩さんセレクト)
今回試食した中で唯一食べた事があったのが、こちらのミルフィーユ。
【ラ・プレシューズ】さんといえば「モンブラン」があまりに有名ですが、こちらのミルフィーユも隠れた名品だと思っています!
薄くハラハラとしたパイ生地の間に、ぽってり濃厚なカスタードクリーム。
間に果物などを入れないミルフィーユは「これぞ正統派!」と言った所。

食べて飲んでカメラにメモとかなり混乱した状況でも(苦笑)、卵の味を感じました。安定した美味しさ。
ただ烏龍茶と合うかと言えば、この優しさゆえにやや烏龍茶に押されるのかな、、と。


■ピエール・エルメ・パリ (ドゥ・ミルフィーユ)■(写真:右下/スイーツ番長セレクト)
【2011スイーツ賞味会】エルメ_ドゥ・ミルフィーユ

スイーツ界のピカソ。エルメ氏の作られるミルフィーユは”変化球”タイプ。
見るからに濃くしっかりとしたパイ生地は、カラメリゼされ香り豊か。
ナイフを入れると正に枯葉の踏んだときのように「ザクザクザクッ」と力強い音がしました。

そんな生地に負けないように、クリームはプラリネ風味と主張の強い味。
生地の香ばしさとプラリネ特有のナッツの香り…これが烏龍茶と本当によく合いました!

『烏龍茶』には「香りを引き立たせる面」と「油脂分をさっぱりさせる面」を感じましたが、
このスイーツはまさにこの2点の特性を引き立てていたように感じました。



バターを多く使用し、かつ香り豊かに焼き上げられたパイ生地は『烏龍茶』と高相性。
『ドーナツ』同様、優しい味よりもプラリネなど香りのあるものがより合うように感じました。
そしてどちらも非常に美味しかったです♪


↓店舗情報↓
====================================
■La Precieuse(ラ・プレシューズ)■
http://www.la-precieuse.com/

■PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ) ■
http://www.pierreherme.co.jp/
====================================

ご訪問ありがとうございます。1クリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログへ  人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://momotalt.blog133.fc2.com/tb.php/112-c06ad45e